ガスコンロの種類

家庭用のガスコンロは2種類あります。
間違えた種類を使うことはできないので、購入時は注意が必要です。
ここでは、その2種類についてご紹介します。

ひとつは、テーブルコンロです。
テーブルコンロとは、ガス台に置くだけで工事不要な一体化ガスコンロのことです。
これは、お手軽で比較的価格も安く購入できます。
商品は、ホームセンターや家電量販店で購入することができます。
学生などの一人暮らしや賃貸の方には最適なガスコンロと言えます。
また、壊れたらすぐに交換することが可能です。
テーブルコンロは、呼び方が様々あり、ガステーブル、ガス台、ガスレンジ、据え置きガスコンロなどとも呼ばれています。
これらは、設置場所によって呼び方が変わってきます。

もうひとつは、はめ込み式のビルトインガスコンロです。
こちらは、工事が必要ではめ込み式になっています。
システムキッチンなどに組み込まれていることが多いです。
見た目は、グリル部と操作部が分かれていることが特徴です。
はめ込み式ですのでキッチンに一体感が出て、見た目がきれいに見えます。
持ち家やマンションなどのシステムキッチンでよく見かけます。
価格は、工事費も含めて高くなります。

どちらもメリット、デメリットがありますが、通常は、キッチンにガス台のスペースがある場合はテーブルコンロ、システムキッチンではめ込み式の穴があいている場合はビルトインコンロを選ぶと良いでしょう。
また、はめ込み式の場合は、工事業者との打ち合わせをしっかり行っておくことが大切です。

Copyright © 2014 ガスコンロの概要 All Rights Reserved.